リンクアスタディとは

我が国は超高齢社会を迎え、生産人口の減少が深刻化しています。
いま「働き方改革」の大号令の下に、新たなワークスタイルが模索されています。
そのような変革の時にこそ、自らを磨き高める必要があると考え、医療従事者のまなぶを支援する「リンクアスタディ」を開設しました。

リンクアスタディでは、様々な講師陣に協力いただき、オンライン講座、オンラインセミナー、ナレッジコミュニティなど、まなびのプラットフォームをご提供します。


ご利用方法(はじめての方へ)初めての方へ


新規アカウントを作成


    Skip available courses

    Available courses

    【コース内容】現在の「働き方改革」に対応するためには、医療機関も生産性の向上に取り組む必要があります。生産性向上のひとつの施策として、医師の負担軽減と診療のスピードアップを実現する仕組みである「電子カルテのクラーク運用」に注目が集まっています。
    本講座は集合研修で行っているプログラムをeラーニング用に忠実に再現したものです。貴院の電子カルテのクラーク運用が実りあるものになるよう、ご活用いただければ幸いです。


    【講師略歴】大西 大輔(MICTコンサルティング㈱ 代表取締役)
    大西講師イメージ

    一橋大学大学院MBAコース修了後、医業経営コンサルティングファーム「日本経営グループ」入社。医療IT機器の常設総合展示場「MEDiPlaza(メディプラザ)」設立。東京、大阪、福岡の3拠点を管理する統括マネージャーに就任。 医師の右腕を育成する「電子カルテクラーク導入プログラム」開発。2016年にコンサルタントとして独立し、「MICTコンサルティング㈱」を設立、現在に至る。
    過去3000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動を行う。また、診療所・病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリスタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導を行っている。

    【コース内容】PA(Physician Assistant)は医師の監督の下に簡単な診断や薬の処方、手術の補助など、医師が行う医療行為の一部をカバーする医療資格者のことを指し、アメリカやイギリスでは医療資格の一つとして規定されています。
    日本でもチーム医療が求められていますが、現在の日本では「医業」は医師にしか行えません。特に在宅医療においては、管理や指導、文書作成など必要な業務が多岐にわたり医師の負担が非常に大きいといえます。その負担を減らすために「医業以外の業務を総合的に担える人材」=「在宅医療PA(Physician Assistant)・在宅医療マネジャー」が必要とされています。
    本講座はそのような在宅医療PA・在宅医療マネジャーになりたい、育てたい方や、在宅診療をスタートさせたい医療機関様への入門コースとなります。



    【講師略歴】
    横森 美和(よこもり みわ)・株式会社DHM(でぃーむ)取締役・社会福祉士横森講師画像
    一般大学を卒業後、教育関連企業へ就職。その後、社会福祉士一般養成施設に通学し社会福祉士を取得、都内在宅療養支援診療所にて医療事務・MSWとして従事したのち2010年に現社長とともに株式会社DHM設立。
    在宅医療に関連する診療報酬・介護報酬研修、スタッフ教育、介護事業者との連携アドバイスといった在宅医療スタッフ・在宅医療をはじめたい医師向けの支援を主に担当している。


    【有料コース】受講料:64,800円(消費税込)※受講資格は決済日より1年間有効となります。

    【コース内容】現在の「働き方改革」に対応するためには、医療機関も生産性の向上に取り組む必要があります。生産性向上のひとつの施策として、医師の負担軽減と診療のスピードアップを実現する仕組みである「電子カルテのクラーク運用」に注目が集まっています。
    本講座は集合研修で行っているプログラムをeラーニング用に忠実に再現したものです。貴院の電子カルテのクラーク運用が実りあるものになるよう、ご活用いただければ幸いです。

    【講師略歴】大西 大輔(MICTコンサルティング㈱ 代表取締役)
    大西講師イメージ

    一橋大学大学院MBAコース修了後、医業経営コンサルティングファーム「日本経営グループ」入社。医療IT機器の常設総合展示場「MEDiPlaza(メディプラザ)」設立。東京、大阪、福岡の3拠点を管理する統括マネージャーに就任。 医師の右腕を育成する「電子カルテクラーク導入プログラム」開発。2016年にコンサルタントとして独立し、「MICTコンサルティング㈱」を設立、現在に至る。
    過去3000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動を行う。また、診療所・病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリスタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導を行っている。

    ◆講座内容やご案内動画はこちら

    【有料コース】受講料:64,800円(消費税込)※受講資格は決済日より1年間有効となります。

    【コース内容】PA(Physician Assistant)は医師の監督の下に簡単な診断や薬の処方、手術の補助など、医師が行う医療行為の一部をカバーする医療資格者のことを指し、アメリカやイギリスでは医療資格の一つとして規定されています。
    日本でもチーム医療が求められていますが、現在の日本では「医業」は医師にしか行えません。特に在宅医療においては、管理や指導、文書作成など必要な業務が多岐にわたり医師の負担が非常に大きいといえます。その負担を減らすために「医業以外の業務を総合的に担える人材」=「在宅医療PA(Physician Assistant)・在宅医療マネジャー」が必要とされています。
    本講座はそのような在宅医療PA・在宅医療マネジャーになりたい、育てたい方や、在宅診療をスタートさせたい医療機関様への入門コースとなります。



    【講師略歴】
    横森 美和(よこもり みわ)・株式会社DHM(でぃーむ)取締役・社会福祉士横森講師画像
    一般大学を卒業後、教育関連企業へ就職。その後、社会福祉士一般養成施設に通学し社会福祉士を取得、都内在宅療養支援診療所にて医療事務・MSWとして従事したのち2010年に現社長とともに株式会社DHM設立。
    在宅医療に関連する診療報酬・介護報酬研修、スタッフ教育、介護事業者との連携アドバイスといった在宅医療スタッフ・在宅医療をはじめたい医師向けの支援を主に担当している。

    ◆講座内容やご案内動画はこちら


    リンクアスタディのご案内

    リンクアスタディのご利用方法